アクアのクルーズコントロール

アクアのクルーズコントロール

アクア(NHP10)の操作系で前期と後期で大きく違うもの。
それが、クルーズコントロール(通称「クルコン」)の有無

クルコンは前期には全く無い装備でしたが、2014年12月からの後期のアクアには、「G」と「G ブラックソフトレザーセレクション」には標準で付いてます。

Gがベースになっている「アクアG G’s」にも当然ながら標準装備。

どうしてもクルコンが必要な場合は、この3つのアクアのグレードから選ぶ必要があります。

アクアのクルーズコントロールが標準装備のグレード

 

クルーズコントロールが標準装備のアクアのグレード

  • G
  • G ブラックソフトレザーセレクション
  • G G’s

他のX-URBANやS、Lのグレードには、メーカーオプションなどの設定もありません

新しく追加されている「S“スタイルブラック”」や「X-URBAN“Solid”」でも、グレードとしてはクルコンの設定の無いグレードということになります。

アクアの前期に至っては、クルコンの存在すらありませんでしたね。

 

高速道路をよく利用する人などには便利さこの上ないこのクルコン。

一度使ったことのある人ならこの便利さは手放せない装備の一つでもあります。

そのため「せめてメーカーオプションに」という声も多いです。
メーカーとしても、この声を反映して後期から標準装備のグレードとしてGに設定されたのかもしれません。

アクアのクルーズコントロールの後付

クルコンの便利さを知ってる人の中には、アクアのクルコンを自力で取り付けるという強者の方も少なくないです。
つまり、全く付けられないわけではない。

ただし、クルコンはアクセルやブレーキにも直接関わる装備になるので、自分で後付するなら「自己責任の元」という性質の装備でもあります。

これについてはまた別途まとめます。

ここでは、あくまでもアクアの購入時にクルコンの装備が設定されているアクアについて。

 

アクアのグレードを選ぶ時の基準に、クルコンを重視するのか、その他の装備を重視するのかで、選ぶグレードは変わってくると思います。

クルコンを重視していて、しかも自己責任での取り付けに慣れていない方なら、最初からクルコンが標準で付いてるグレードを選ぶのが無難です。

 

クルーズコントロールが標準装備のアクアのグレード

  • G
  • G ブラックソフトレザーセレクション
  • G G’s

クルコンは重視しているけど、グレードは「Sがいいんだ」、もしくは「X-URBANがいいんだ」という場合は、

  • 悔しいけどクルコンを諦める
  • パーツを揃えて自己責任で取り付ける

の選択肢になります。




 

*
*
* (公開されません)