アクアのLEDリアフォグランプ

アクアのLEDリアフォグランプ

3代目アクアから採用された新しいメーカーオプションに「LEDリアフォグランプ」があります。
後ろからの追突を防止するための安全性向上のための装備で、3代目アクアのどのグレードにも装着可能です。

LEDリアフォグランプ
メーカーオプション価格:10,800円(税込)

新しいメーカーオプション

LEDリアフォグランプは3代目アクアから選べるようになった今までになかったメーカーオプション。
新しもの好きならチョイスしてみるのもいいかもしれません。

LEDリアフォグランプの主な機能

機能と言っても冒頭にも書いた「後ろからの追突を防止するため」のもの。
特に雨や霧、雪など天気が悪い時に、後続車に自分がいることを知らせるためのランプとなります。

リアフォグランプとして別途取り付けるというわけではなく、リアコンビネーションランプに内蔵される形です。
リアフォグランプはLED。

リアコンビネーションランプ
尾灯、制動灯、後退灯、方向指示灯などが一体として組み込まれた、いわゆる後方用のランプ。
テールランプともいいます。

LEDリアフォグランプは運転席側のみ

このメーカーオプションのLEDリアフォグランプは運転席側だけに装着されます。

通常ライトをつけたら尾灯が点灯するので、あえて片側だけに搭載される1万円のメーカーオプションをつけるのももったいない気もします。

どうせ視認性をアップさせるなら運転席側だけでなく、両方ついた方がいい。
そこで考えるのがリアコンビネーションランプ自体をLED化させる方法です。

リアコンビネーションランプは自分でLED化できる

視認性をアップさせるためのこの新しいメーカーオプションとなるLEDリアフォグランプですが、よりカスタマイズするならリアコンビネーションランプの各電球をLEDにして、一部だけのLEDではなく全体的にLEDにした方が見栄えも良くなり、視認性もより効果的になるのではないでしょうか。

リアコンビネーションランプ(テールランプ)の各ランプは自分でLED化することもできます。

方向指示灯(ハザードランプ)以外はLED電球に交換するだけの簡単作業ですし、比較的低価格でLED化できるので経済的にもいいかもしれません。
ハザードランプはハイフラ防止の装置も必要になります。

ここではLEDリアフォグランプについての記事なので、リアコンビネーションランプのLED電球についてはまた別途まとめます。

自分ならこのLEDリアフォグランプは選択せず、リアコンビネーションランプは自分でLED電球に交換する方を選択します。
もしくは、リアコンビネーションランプはそのままで別のオプションを検討します。

 

*
*
* (公開されません)