アクアの純正タイヤサイズ

アクアの純正タイヤサイズ

アクアのタイヤサイズは覚えておきたい項目のひとつ。
タイヤは消耗品なので摩耗したら必ず交換しなければないパーツです。

アクアは前期・後期は同じでも3代目からはタイヤサイズにも違いがありますし、グレードによっても違いがあるので要チェックです。

前期・後期・3代目アクアそれぞれの標準タイヤサイズ

X-URBAN Crossover G S L
前期 175/65R15 165/70R14
後期 175/60R16
3代目 185/60R16 185/60R15

タイヤサイズの見方
例)「185/60R15」の場合
185:タイヤの幅(mm)
60:タイヤの扁平率(%)
R:ラジアル(タイヤの構造)
15:リム径(インチ・ホイールのリム径でタイヤの内径)

モデル別での純正タイヤサイズの違い

アクアの前期・後期で装着されるタイヤサイズと3代目アクアに装着されるタイヤサイズは、タイヤの幅で違いがあります。

3代目アクア

3代目アクアに標準で装着される純正タイヤサイズは全て「185」。
全てのグレードでタイヤの「幅」が一回り大きくなっています。

前期(初代)・後期

アクア前期(初代)・後期の純正タイヤサイズはほぼ「175」。
グレード「L」だけが「165」と細くなっています。

グレードでの純正タイヤサイズの違い

グレードでの純正タイヤサイズの違いでは、
・後期「X-URBAN(Xアーバン)」
・3代目「Crossover(クロスオーバー)」
この2つは「16インチ」のタイヤになります。
その他のグレードは全て「15インチ」ですが、前期・後期のグレード「L」だけは「14インチ」となります。

アルミホイールとスチールホイール

タイヤサイズと同じように、
・後期「X-URBAN(Xアーバン)」
・3代目「Crossover(クロスオーバー)」
の2つは標準で「アルミホイール」になりますが、それ以外の「G」「S」「L」のグレードでは「スチールホイール(樹脂製ホイールキャップ付)」になります。

ホイールキャップもデザインが良くなっていますが、これをアルミホイールに変えたいという場合は、メーカーオプションやディーラーオプションのアルミホイールにするか、市販のアルミホイールを購入するかになります。

メーカーオプションやディーラーオプションのアルミホイールなら注文するだけでその費用だけが必要になりますが、市販のアルミホイールの場合は工賃なども別途必要になる可能性を念頭に入れておかないといけません。

メーカーオプションやディーラーオプションのアルミホイールについては別途まとめます。

タイヤはこまめにチェック

新品のタイヤを付けた時の気持ちよさを経験した人も多いと思います。
でもタイヤは消耗品ですし、走っているうちに空気圧なども変化してきます。
タイヤは「走る・止まる」に直結するとても大事なパーツ。空気圧や摩擦抵抗は燃費にも関わってきます。

定期点検の際にメカニックの方が教えてくれますが、ガソリンスタンドなどによった際に空気圧とともにタイヤのスリップサインなど自分でもチェックする癖をつけておくのが安心です。

3代目アクア「Crossover」のタイヤ:185/60R16
3代目アクアグレード「G」「S」「L」のタイヤ:185/60R15
後期アクア「X-URBAN」のタイヤ:175/60R16
前期・後期アクア「G」「S」のタイヤ:175/65R15

アクアのタイヤなら安いものだと1本4,000円くらいからあります。
タイヤにはそれぞれ性能もあるので、よく吟味しながら安全なものを選びたいものですね。

 

コメント07062 PV

*
*
* (公開されません)