イモビカッターガードなどで車の盗難防止

イモビカッターガードなどで車の盗難防止

アクアのメーカーオプション「スマートエントリーパッケージ」にも含まれているイモビライザーシステム。
イモビライザーシステムは正規のスマートキーがないとハイブリッドシステムが起動しないセキュリティシステムで、主に盗難防止のための装備です。

スマートエントリーパッケージを追加すれば自動でついてくるのであったら安心です。

ところが、巷では「イモビカッター」と呼ばれる装置でいとも簡単にハイブリッドシステムを起動させてしまうとんでもないものが出回っています。

イモビカッター

アクアなどイモビライザーシステムを搭載した車は、正規のスマートキーがなければエンジンが起動できないようになっていました。
でもイモビカッターを使うことで、キーと車が一致しなくてもエンジンが起動するようになってしまいます。
これはイモビカッターがコンピューターに登録されているキーと車の暗号を解除してしまうため。

元々は中国発でカギの紛失時にスペアを作れるようにと開発されたもの。
それがネット通販などで日本国内にも出回ったとか。

「イモビカッター」を使うことで簡単にエンジンが起動するので、売れそうな車などを狙った窃盗に発展しています。

ちなみにイモビカッターを持ってて逮捕されたケースもあります。
確かに持つ理由はないですね。

盗んだ車の行き先の多くは海外。
当然高く売れます。
買取業界が盛んに車を売って欲しいというのもうなずけます。

話はそれましたが、イモビライザーシステムだけでは完全に盗難から逃れることができなくなってきています。

そこで、このイモビカッターを使った盗難から防止するための装備が注目されました。
それが「イモビカッターガード」。他にも「イモビカッターキラー」という製品もあります。

ハイブリッドカーはターゲットとしても増加

ハイブリッドカーといえばエンジンの音も静かです。
犯行時に音がしないというのは窃盗犯にとっては好都合ということで、窃盗の被害に合うケースが増えているようです。

アクアも例外ではなく、盗難されやすいワーストの上位に入ってきています。

イモビカッターガード

キーと車の暗号を解除してしまうイモビカッター。
これを解除できないようにするのがプロテクタというセキュリティー専門の会社が開発したイモビカッターガードです。

プロテクタ:イモビカッターガードの紹介ページ

イモビカッターガードは配線なども必要になる装備なので、取り付けなどは自分でするより専門会社に頼むべき。
窃盗の多い愛知をはじめ、東京、千葉、埼玉、神奈川、静岡、京都、福岡、北海道(札幌)に店舗があります。
取付工賃を含めて20,000円くらい。

近隣の人にはこのイモビカッターガードはいいかもしれません。

また、同じようにキラメック社(愛知)のイモビカッターキラーという盗難防止装備もありますが、こちらも取付販売専用品です。
キラメック

では、それ以外の地域では?

しっかり代用品もあります。
しかも自分で簡単にできます。

イモビカッターガードの代用品

イモビカッターは車のOBD II(OBD:On-board diagnostics、車の自己診断機能)コネクタを利用しているので、このコネクタをガードする必要があります。

OBD IIコネクタは運転席の下などにあるので比較的見つけやすく、最近ではこのコネクタを利用して、車に便利機能を追加できる装置もあります。

本来は点検のときなどに使用するコネクタだったりするので、コネクタはむき出しになっていることが多くて簡単に利用できる状態になっています。

これを点検時以外の時は利用できないようにするための装置がOBDガードです。

この「OBDガード」は、盗難防止を配線なしで手軽にするための方法です。

OBDガード

カギが付いているなどかなりのお値段もしますが、ただカバーをするだけではイモビカッターをガードする意味が無いので完全にシャットアウト状態にする必要があります。

ODBガード

そこまで費用をかけたくないという場合は、

コムテック OBDロック

コネクタにカバーをしてロックさせる装置。
鍵をかけられるコムテックの「OBDロック」

コムテック OBDロック OBDL-110

フジ電機のイモビカッターガード

もっとシンプルなものならフジ電機のイモビカッターガードというものもあります。

カギやロックらしきものは見当たりませんが、ドライバーなどを使わないと簡単には取れない仕組みになっていると思われます。

フジ電機のイモビカッターガード

車の盗難は自己防衛で

車の盗難対策はやはり自分でなにか手を打たなければならないことも多いです。
今回のイモビカッターガードやOBDガードなどはよりスマートに盗難防止をするためのグッズになりますが、ハンドルロックやアラームといった盗難防止グッズを使ったり、駐車場にセンサーライトをつけたりするなどの方法もあります。

特に盗難が多い都道府県に愛知や大阪、埼玉、茨城などが上げられていますが、それ以外の地域でも起こっています。
また、車上荒らしといった犯罪を抑止するには車の中に貴重品を入れたまま車を離れないことも大事です。

大事なマイカーの盗難や車上荒らしなどの犯罪の防止は最終的には自分でも心がけるようにしたいですね。

*
*
* (公開されません)