アクアのLEDヘッドライトとノーマルライトの比較

アクアのLEDヘッドライトとノーマルライトの比較

メーカーオプションのなかでも「パッケージオプション」にもなっているアクアのLEDヘッドライト。
迷っていたらLEDヘッドライトはおすすめです。

⇒LEDヘッドランプパッケージ

ただ、濃霧地方などに住んでいる方にとってはLEDヘッドライトの白い光では見にくいとか心細いという場合もあるようです。
そういう人はノーマルのヘッドライトにしておいて、後から「HIDライト」を後付する人もいます。

LEDヘッドライトにすることで、得られるメリットは、

  • やはりノーマルのライトより明るい
  • ライトを付けた時の印象が違う
  • ライト部分はブラックエクステンション加飾で精細さが出る
  • 後期のアクアからは新しい技術の「Bi-Beam LEDヘッドランプ」なので、1灯でロービームもハイビームもこなす
  • クリアランスランプでオシャレ
  • LEDフォグランプもセット(後期から)

など。
ただ、このパッケージオプションで108,000円をどう考えるか、ですね。




安全性・デザイン性を考えるならLEDを付けてたほうが後悔しない

アクアLEDとノーマルヘッドライト比較

前期型のLEDヘッドランプ(右)と、後期型のノーマルライト(左)を並べてライトを付けて比較してみた画像です。
よく分かりにくいかもしれませんが、色の白さはやはりLEDの方が白くてスッキリしています。

ライトの色が白いLEDの方が新しい車のようにも見えますが、実際は前期型。
ライトが黄色い方が後期型で新しいですが、ちょっと古く感じてしまいますね。
このようにライトの色で印象が随分変わります。

実際のライトを照らした時の見え方

アクアLEDヘッドライトとノーマルライトの見え方比較

今度はライトが照らす方向を向いて撮った画像です。
上の写真とは逆になるので前期型アクアのLEDライトが画面左、後期型アクアのノーマルライトが画面右となります。

ノーマルライトの右端側は光が弱くて暗いのがわかると思います。

ライトは視認性の問題になるので、安全性の問題から考えるとやはり明るくて見やすい方がいいに越したことはないです。

特に目が悪い人にとってはその見え方はぜんぜん違う印象です。

LEDヘッドランプならデザイン性がアップ

LEDヘッドライトにすることで見た目のデザインも良くなるのでオシャレにドレスアップできます。

私自身のアクアは前期型ですが、一度このLEDヘッドランプの良さを知ってしまうと、ノーマルのライトには戻れません。

しかもアクアは街を走っていてもよく目にするほど多い車種。
グレードはSですが、LEDヘッドライトだとなんとなく上位グレードっぽく見えるし、ノーマルのライトよりも優越感に浸れるという、いわゆる自己満足度も高いかも。

後期型のアクアで狙い目となるのは、やっぱり「特別仕様車 S“Style Black”」。
トヨタアクア 特別仕様車 S“Style Black”

このグレードにパッケージオプションの「LEDヘッドランプパッケージ」をつけるだけでも十分満足度は高いと思います。




 

*
*
* (公開されません)