アクアに搭載されるToyota Safety Sense C(トヨタセーフティセンスC)とは

アクアに搭載されるToyota Safety Sense C(トヨタセーフティセンスC)とは

後期のトヨタアクアにも搭載されるようになった衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C(トヨタセーフティセンスC)」。
「パッケージ」ということで、これには主に3つの機能がセットになっています。

また、アクアのグレードによって標準装備かメーカーオプションに別れます。

トヨタセーフティセンスC
メーカーオプションの価格:54,000円(税込)




Toyota Safety Sense Cの3つの機能

トヨタセーフティセンスCスイッチ
トヨタセーフティセンスCスイッチ

まずはトヨタセーフティセンスCの機能。
主な3つの機能はこちら。

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム

いずれも最近主流になっている安全運転のための補助装備としてはあったら安心できる機能です。

プリクラッシュセーフティシステム

プリクラッシュセーフティシステム
プリクラッシュセーフティシステム

このシステムは衝突しそうになった時に衝突を回避、または衝突時の被害の軽減をサポートしてくれる装備で、警報とブレーキアシストが作動します。

前に停車している車があった時に、スピードが30kmだと衝突を回避できることもあるけど、スピードが出ているときやその他の状況によっては衝突を回避できないこともあります。

極端に言えば、もし不注意などで前の車に気づかなかった場合、ノーブレーキで突っ込むのではなく、プリクラッシュセーフティシステムの自動ブレーキで減速してくれるというもの。
対向車が向かって来たときには衝突は避けられないけど、その時の衝突の被害はできるだけ少なくしてくれるようにブレーキアシストが作動してくれます。

スピードが出ているときやその時の状況などによって、衝突を完全に避けられるわけではありません。

レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラート
レーンディパーチャーアラートイメージ

今走っている車線をはみ出しそうになったらブザーとディスプレイで警報してくれる装備で、3m幅以上の道路で、スピードが50km以上のときに作動します。
車線変更などでウインカーを出していれば作動しません。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム
オートマチックハイビーム

ハイビーム、使う機会が少ないという人も多いのではないでしょうか。

おそらく、ハイビームとロービームの切り替えが面倒なのが一番の理由。
そんな面倒な切り替えを自動でしてくれるのがこのオートマチックハイビームです。

ハイビームは安全運転のためには結構必要性の高い装備で、教習所などでもその必要性の教え方を見直す動きもあります。

ハイビームを活用することで未然に防げる事故も多いです。手動で面倒でも活用することをおすすめします。

先行車発進告知機能

先行車発進告知機能
先行車発進告知機能

信号待ちで停車している時、いつの間にか信号が変わって後ろの車にクラクションを鳴らされた経験がある人も多いはず。

先行車発進告知機能は、前の車が発進したら知らせてくれる装備です。

トヨタセーフティセンスCが標準装備のアクアのグレード

トヨタセーフティセンスCは標準装備になるグレードとメーカーオプションになるグレードがあります。

標準装備になるグレードは、X-URBANG
GがベースのGブラックソフトレザーセレクションG’sも標準装備。

グレードがSやLの場合はメーカーオプションになるので、購入時に「装備するかしないか」を決めておく必要があります。

ただし、グレードがSでも、「アクア特別仕様車 S”Style Black”(Sスタイルブラック)」は例外。
特別仕様車のSスタイルブラックはトヨタセーフティセンスCが標準装備です。

トヨタセーフティセンスCが標準装備のグレード
X-URBAN・G・Gブラックソフトレザーセレクション・G’s・Sスタイルブラック

トヨタセーフティセンスCの弱点

トヨタセーフティセンスCについて

安全性を高めるサポートをしてくれるトヨタセーフティセンスC。
標準装備から選ぶか、グレードSやLならメーカーオプションで54,000円(税込)。

このシステムがあるから「事故をしない」、ということは絶対に「ない」ということ。そしてこれが弱点と言えます。

安心できる機能とはいえ、安心すると油断はついてくるもの。あくまでもサポートしてくれる装備であることを理解しておく必要があります。
運転する人は常に運転に気をつけるのはこれまでと同じで、過信しないのが大事です。

これはトヨタのトヨタセーフティーセンスCだけにとどまらず、自動ブレーキを搭載している他のメーカーの車にもいえることです。

自動ブレーキなどの装備の特徴は「前方」に対するもの。
いくら注意していてもハッとすることはありますし、もし事故が起こるとすればやはり不注意による追突が多いですから当然といえば当然で、追突してしまった時の被害を少しでも軽減してくれるシステムとしてかなり期待できます。

でも後続車がいた場合、その後続車はどうなるか。

自分はなんとか回避できたとしても、後続車が同じように回避できるか分からないので、後ろからの追突ということも考えられます。
玉突き事故などが典型的な例ですね。

後ろからの追突の場合は被害者となるかもしれませんが、もしそれが自分の不注意で急ブレーキをかけた事による事故だったらと考えると。。。

つまりは、安全のための装備があるから過信してしまうのは危険。
よそ見や考え事、場合によっては居眠りなどが原因で起こりやすい事故を未然に防いでくれるわけではないですし、どんなときでも車を運転する時は安全運転を心がけることが必要です。




 

*
*
* (公開されません)